サヌキロック2018_DAY2のコピー

■サヌキロック2018 Day2(3/18)参戦一覧
開演会場アーティスト参戦
PM12:40~天地下ブリスクPOLU○:フル参戦
PM13:30~天地下ブリスクファンキー加藤○:フル観戦
PM14:20~天地下ブリスクFINLANDS○:フル参戦
PM15:00~濱川学院まさやん先生の段ボール工作教室~エイエイ王を作ろう~○:フル参戦
PM15:30~高松MONSTERHump Back×:入場規制
PM15:45~高松オリーブホール真心ブラザーズ△:途中観戦
PM16:50~天地下ブリスクReVision of Sence○:フル参戦
PM18:30~天地下ブリスクBURNOUT SYNDROMES○:フル参戦
PM19:20~天地下ブリスクユアネス○:フル観戦
PM20:10~天地下ブリスク四星球○:フル参戦


@kataotoがシェアした投稿 -


Day2はグリーン。

※1日目はこちら
【ライブレポート】サヌキロック2018 Day1(3/17)


■POLU


毎年、無料会場は1~2組見る程度だったが
今日は見たいアーティストがほぼほぼ無料会場で
その分、無料会場の悪い点が目に付く結果に。

POLUでは
盛り上げてくれるのなら大歓迎なのだが
4~5人の男性グループが
容姿がどうだのと野次を飛ばしていた。
相手はアーティストといってもまだ中学生ということ。

また、おばさんグループだろうが誰だろうが
熱狂的なファンなら大歓迎なのだが
大きいリュックを背負って密集する前列に来る。
スーパーで通路を塞いで世間話をするのと同じ
周りが見えてないんだ。

無料会場は音楽に気軽に触れてもらうために
主催者とアーティストの善意で成り立っている場。

ルール、マナーを守るからこそ自由があるんやで。

↑参戦一覧に戻る


■FINLANDS


今年のサヌキロックは
FINLANDS(フィンランズ)を見るためだけだった
と言っても過言ではない。

サウンドチェックからがっつり聴くために
一つ前のアーティストで後方の空いてる場所に待機し
終了と同時に前列の方に行こうとすると
人がなだれ込んできて押し合いになる事態に。

やっぱ知ってる人は知ってるんやなと
ちょっと感動してたら
サウンドチェックでみな地蔵。
ちらっと見えたリストバンドが次のアーティストの物だった。
私利私欲と
私利私欲と
私利私欲。

話を戻して

サウンドチェックでまさかのフライデー
出だしのギターフレーズでテンションの針が振り切れる!!
本番はバラードからクレーターという怒涛の構成で
恋の前を挟みHello tonightへの落差。
最後は週末に相応しいウィークエンドで締め!!

最っ高やな、完全に今日一、いや2日間通して一番。

MCも変に気取ってなく、
素で塩入冬湖(Gt&Vo)とコシミズカヨ(Ba&Cho)が
世間話をしてる感じもギャップがあってよかった。

うどんネタへのアンチテーゼのはずが
結局うどんに収まるという、笑

今度はツアーか対バンで
高松に来てくれるのを待ってる!(高松DIME押し)

■セトリ(勘違い、抜けあるかも)
SC1マーチ←カルトだったかも
SC2フライデー
01バラード
02クレーター
03恋の前
04Hello tonight
05ウィークエンド
SC…サウンドチェック

CCF_000056のコピーaのコピー

投票もばっちりしてきたぜよ。


昨日のAmeliemickもそうだったけど
その子はLCCジェットスターのジェッ太だからね(香川とは関係ない)

出来れば常盤町商店街のゆるキャラ
ときたまと仲良くしてやってください、笑

@kataotoがシェアした投稿 -


【いち押しアーティスト紹介】FINLANDS(フィンランズ)

↑参戦一覧に戻る


■まさやん先生の段ボール工作教室
 ~エイエイ王を作ろう~



濱川学院(はまかわがくいん)で行われた
まさやん先生の段ボール工作教室。

去年は一徳(うどん屋)でうどん脳(つるキャラ)を作るという
分かりやすいイベントだったが
今年はエイエイ王とか、笑
(※エイエイ王…サヌキロックの決起集会に参加した人しか分からんネタ)

※関連記事
【サヌキロック2018】決起集会に参戦してきた!

一徳ではひめキュンフルーツ缶(旧メンバー)がMCで回してくれたが
今日はまさやん1人。
しかしそこは全員教員免許を持ってるバンド四星球の一員
教師らしくそつなくこなすかと思いきや
とにかく忘れ物が多かった(先生失格やで、笑)

細い両面テープを忘れたと気づき
濱川学院の院長が両面テープを探してきてくれて
拍手が起こったのだが
両面テープを使おうとしたら残り1cmしかなった
というミラクルが発覚し大爆笑の渦。

おされな小学生くらいの女の子の活躍がありーの
ライムグリーンのジャンパーの男が
工作の過程でことある毎に顔を嵌める天丼がありーので
10分押しでエイエイ王完成!

最後はホワイトボードの前にまさやん先生が座り
写真撮影会して閉校(キーンコーンカーンコーン)


↑参戦一覧に戻る


■Hump Back


まさやんの段ボール教室が案の定押したため、笑(10分押し)
濱川学院(5階)から階段をダッシュで駆け下り
高松MONSTER横のエスカレーターを下りてる途中で
待機列が見えて入場規制と分かり撃沈。

↑参戦一覧に戻る


■真心ブラザーズ


Hump Backが入場規制で入れず
時間帯的に真心演ってるなと高松オリーブホールへ。
3階まで上がってる途中で
「拝啓、ジョンレノン♪」が聞こえてきてギリ間に合った。

MCではさすがのYO-KINGさん
ナチュラルに下ネタをぶっこむ、笑

ENDLESS SUMMER NUDEで気持ちよく締めたあと
最後にYO-KINGが一言

マジ卍

ちょwww

↑参戦一覧に戻る


■ReVision of Sence


SHIMA(高松festhalle)を見に行く途中で
軽くリビジョン見るかと瓦町駅の地下に下りる。

ちょうどサウンドチェック中で
ダメ、ゼッタイ、現実逃避の触りを演ってて
ちょっとだけよと飛び込んだのが運の尽き。

いや~楽し。

サークルモッシュに突っ込み
暴れまくって汗だくになり
家帰って鼻かんだらトマトケチャップが混じってたことが発覚、笑

ほんま煽るのがうまく、初見予備知識ZEROでも
すんなり輪の中に入れた。

これぞライブサーキットの醍醐味!!

おかげでSHIMA見逃したわ!

■セトリ(勘違い、抜けあるかも)
SC1ダメ、ゼッタイ、現実逃避
01ダメ、ゼッタイ、現実逃避
02ヨノナカカオ
03ヨノナカカネ
04I'm a クズ人間
SC…サウンドチェック


↑参戦一覧に戻る


■BURNOUT SYNDROMES


去年は裏被りで見れなかったバーンアウト
そして私的に初バーンアウト。

まず石川大裕(Ba&Cho)が
自ら総合司会を名乗りめちゃくちゃ喋るのね、
しかも饒舌ときてる(一番大事な自分のバンド名噛んだけど、笑)
前説(サウンドチェック)で2曲演るもまだ4~5分余ってる状況で
サービス精神に火が付いたのか
↑のツィートにもある「石川のくだらない話」がはじまり
これがまためちゃくちゃおもろかった。

↓やっぱりあいまいな記憶で書くと
迷惑がかかるといけないので割愛します。

あいまいな記憶を文章で書くと
おもしろさが伝わらないかも知れないけど
かいつまんで説明すると
つい最近、髪を切りにいって帰ると
弟にNON STYLEの石田みたい(私は綾野剛も入ってると思った)
と言われたくだりをきっかけに前髪の話に飛び火して
高校?大学?時代にいきってて前髪をめっさ伸ばしていたらしく
その界隈では結構有名であだ名もついていたとか
そのあだ名が

(駅名)の前髪※駅名はど忘れした

当時、熊谷和海(Gt&Vo)と、
あだ名の駅で待ち合わせしていたところ
石川大裕が手を振ってきたが
周りから(駅名)の前髪が来たという声が聞こえてきて
知り合いだと思われたくなくて
顔を逸らしたというネタだった。

予習が間に合わず
ハイスコアガールを買っただけだったけど(アルバム発表前)
コナミコマンドの振り付けはちょっとムズかった。
同時押し青春で両手を挙げてジャンプした後
また↑↑が来るからスムーズさを欠くというか戸惑うけど
慣れれば楽しいし、ワンマンで全員がシンクロしたら圧巻のやつ。

そしてMCがおもろいバンドは売れるの法則。

ボーカルよりも他のメンバーがよく喋る例でいうと
グドモのたなしん(Ba&Cho)とか
夜ダンの鈴鹿(Dr&Cho)とか、笑

↑参戦一覧に戻る


■四星球


年々増え続ける四星球の大トリ(天地下ブリスク)
康雄も言っていたが来年は入りきらんから
工事して拡げると言わせるくらいぎちぎちだった。

サウンドチェックで一盛り上がりした後
一旦捌けて本番一発目でかかった曲が
サンバ・デ・ジャネイロだった…

セクマシSHIMAが飛び入り参加してくれたが
Day1のオリーブホールと同じネタに
四星球らしくないと思ったファンも多かったはず。

しかしその後のMCで
打ち合わせとかしてないのにセクマシが同じネタやってて
これってすごない?と康雄が語り全員納得。
香川県の高松市というごくごく狭い地域で起きた
小っちゃなシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)やね。

そして毎年露店を出しているケバブ屋の話になり
そういや今年はおばちゃんがやってて
あの有名人おらんかったなと思ってたら
康雄も同じことを語りだし
もしかしたらこのステージのためだけに来てくれるかもと匂わしてたら

やっぱり今年も登場ムーさん(3年連続3回目)

定番になったTRAIN-TRAIN(ブルハ)のくだりも
やっぱり初回が一番おもしろかったし(替え歌KEBAB-KEBAB)
飛び入り参加アーティストも多かった。

※関連記事
【レポート】サヌキロック2016 Day2(3/21)

アンコール後、夢の一つだった
HEY!HEY!NEO!に出演が決まったことを改めて報告し

HEY!HEY!HEY!に出たかったNEO!

4/9の放送が楽しみでしゃーない。

さて来年は10周年!
普通が大嫌いなバンドが何を仕掛けてくるか
楽しみにまちたい(モンバスも来年20周年やしね)

■セトリ(勘違い、抜けあるかも)
SC1ギンヤンマ
SC2MOONSTAR daSH
-潮騒ぎ
-Mr.Cosmo
-鋼鉄の段ボーラーまさゆき
-クラーク博士と僕
-出世作
-HEY! HEY! HEY!に出たかったNEO!
-TRAIN-TRAIN(ブルハ)
-明日までkm
SC…サウンドチェック

↑参戦一覧に戻る

みなさん今年もお疲れ様した!
また来年(・ω・)ノシ


↓応援クリックお願いします!