タイトルのコピー


サヌキロック2019の第1弾アーティスト57組が発表!

去年が全120組だったので(サヌキメロディック除く)
ほぼほぼ半分が発表された計算(去年は第1弾で61組発表)
今回お目当てのアーティストが発表されなかったとしても
まだまだ諦めなくてもいい!

私的にはドラフト1位、2位のアーティストの出演が決まったので
2日通し券を買うのに迷いはなかったですが。

例年なら第2弾アーティストは
チケットの一般販売と同じ日だったが(来年で言えば2019/01/19)
今年は第1弾アーティストが2週間早く発表されたので
第2弾アーティストも前倒しで

2018/12/28(金)PM18:00

と予想してみる。

従って第3弾アーティスト(+日割り)はチケット一般販売日の

2019/01/19(土)PM18:00

になるはず!

■サヌキロック2019 出演アーティストMV集(予習用)


そして初出演組が27組と半数を占め
音源を一通り聴き自分の耳でジャッジしてみると(↑再生リスト)
新たな出会いがあるかも。

※第1弾アーティスト57組の出演履歴等の詳細はこちら
※チケットの買い方はこちら




まずはサヌキロックの発起人でもある四星球(すーしんちゅう)
先だってF-X2019に出演が決定していて
2015年に決行した春のトライアスロン再びか?!

DEMO四星球には2日間サヌキロックに残り
いろんなバンドにちょっかい出しに行って
(バンド)友達を増やしてもらって
2日目大トリの天地下ブリスクで
昔のように仲間のバンドマンが入り乱れるカオスな現場を見たい!
(今年のサヌキロックに友達バンドが減ったって言ってたし)


※関連記事
【F-X2019】第1弾アーティスト20組発表!




そしてFINLANDS(フィンランズ)来たーっ!

去年サヌキロック2018の第1弾発表で知り
久々に大阪に遠征するくらいどハマりしたバンド。
(9月に梅田Shangri-Laのワンマンに参戦した)

今年は無料会場で悔しい思いをしたので
来年は高松DIMEでおねしゃす!

あと四星球嘘カメと被るのだけはやめてー!!
(2017年にyonigeポルカが被って激苦悩した)


最近、塩入さん(Vo&Gt)は
口からビームを出せるようになったらしい(↑写真)


そしてそして嘘カメ(嘘とカメレオン)も来たーっ!
やっとライブ見れる~。
「されど奇術師は賽を振る」を筆頭にいい曲いっぱいあるけど
「JOHN DOE」がライブで盛り上がること間違いなし!
アン(暗)!ドゥ!トロワ(虎)!!



あと超能力戦士ドリアンね。
今年来ると思ってのに来なかったから
来年は更に磨きのかかったライブパフォーマンスに期待!

タイテは2日目、大トリ四星球の一つ前が
流れ的に最高だと思うの。

(豆)
「有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?」
にBGMとして使われてたりする。



2014年以来、5年ぶりの出演となるグドモ
サウンドチェックでいいから「キャッチアンドリリース」聴きたいし
「アブラカタブラ」は原曲アレンジでお願いします!
(去年yonigeとの対バンで演ってくれたけどアレンジで変わりすぎてた)



4年連続出演となるAmelie(アメリ)!
無料会場(天地下ブリスク)から始まり
翌年には高松DIMEを満員にし
今年は高松MONSTERのトリ!
その勢いのままモンバスにも出演を果たし(O.A)
来年は高松festhalleで大暴れを期待したい!
そして2年連続モンバス出演だ!



話題の崎山蒼志(さきやまそうし)は
春休みを利用して来てくれるのかな。

受験準備のためPOLUは来年春までお休みだけど
丸山純奈(ソロ)も高松SUMUScafeで見たい!(来て欲しい)


F-X2019との絡みで日割りが決定してるのは(詳細は↑記事)
(3/24)
・SCOOBIE DO
・おいしくるメロンパン
・Lenny code fiction


オフィシャルHP先行で2日通し券を発見してきた。
2日通し券は先行のみなので買い逃し厳禁!(12/16 PM23:59まで)

2日通し券8,000円(税込)
システム料216円(税込)
発券手数料108円(税込)
合計8,324円(税込)


■オフィシャルHP先行(e+)での買い方


・e+でチケットを申し込む(オフィシャルHP先行の申し込みはこちら
↓お近くのファミリーマートへ行く
↓店内のFamiポート端末を探す(ATMと間違わないように)
↓「チケット」をタッチする
↓「予約済チケットの支払・発券」をタッチする
↓「番号入力へ」をタッチする
↓「払込票番号」を入力する
↓レシートが出てくるので取る
↓レシートをレジに持って行き清算する
・チケットを受け取る



■サヌキロック2019 第1弾アーティスト57組

MV


アーティスト名(出演履歴、豆知識)

 四星球 

読み:すーしんちゅう

2010年:高松オリーブホール(オープニング)
2010年:天地下ブリスク(大トリ)
2011年:高松オリーブホール(オープニング)
2011年:天地下ブリスク(大トリ)
2012年:高松オリーブホール(オープニング)
2012年:天地下ブリスク(大トリ)
2013年:高松オリーブホール(オープニング)
2013年:天地下ブリスク(大トリ)
2014年:高松オリーブホール(オープニング)
2014年:天地下ブリスク(大トリ)
2015年:高松オリーブホール(オープニング)
2015年:天地下ブリスク(大トリ)
2016年:高松オリーブホール(オープニング)
2016年:高松SUMUScafe
2016年:天地下ブリスク(大トリ)
2017年:高松オリーブホール(オープニング)
2017年:天地下ブリスク(大トリ)
2018年:高松オリーブホール(オープニング)
2018年:天地下ブリスク(大トリ)

(豆)
・自称「日本一泣けるコミックバンド」
・サヌキロックの発起人でもある。
・毎年1日目のオープニングと2日目の大トリを務める。
・2017年、結成15周年目にしてまさかのメジャーデビュー!
・2018年、夢で歌にもしていたHEY!HEY!HEY!のスピンオフ企画
 HEY!HEY!NEO!に出演を果たし伝説を残す。
・シンガー北島康雄とチャットモンチー(済)の福岡晃子は
 同じ誕生日、同じ大学、同じゼミと運命しか感じられない盟友。
・小道具はギター&段ボール職人のまさやんが担当。

※関連記事
【出演アーティスト紹介】四星球(スーシンチュウ)

 FINLANDS 

読み:フィンランズ

2018年:天地下ブリスク

(豆)
・塩入冬湖(Gt&Vo)とコシミズカヨ(Ba&Cho)からなる2人組。
・サポートメンバー(ギター、ドラム)を加え4人編成で活動中。
・ライブでは真夏だろうが関係なく常にモッズコートを着ているが
 RO69JACK13/14コンテストの時に
 なにかインパクトを残そうと厚着をして出ていたら
 入賞してしまい脱ぐに脱げなくなったらしい。
・塩入は歌い方や声の癖が強いとよく言われるそうだが
 FINLANDSを組むあたりで声を潰して一時期歌えなくなり
 また歌えるようになったら今の声になっていたとか。
・前身バンドはTHE VITRIOL(ザ ビトリオル)※活動休止中
・塩入の実家は箱根の旅館だそうだが
 硫黄泉アレルギーで温泉に入ったことがないとか。

※関連記事
【いち押しアーティスト紹介】FINLANDS(フィンランズ)

 嘘とカメレオン 

読み:うそとカメレオン
通称:嘘カメ

初出演!

(豆)
・今年ハルバン'18出演するため広島に移動中に自損事故をおこしてしまい
 メンバーの入院、治療に伴い(チャム(.△)は前日入りして乗ってなかった)
 メジャーデビューアルバムも延期となってしまった。
・そして見事復活し1年越しのハルバン'19に出演が決定し
 サヌキロックにも来てくれる!
 Amelie 

読み:アメリ

2016年:天地下ブリスク
2017年:高松DIME
2018年:高松MOSNTER(トリ)

(豆)
・[NOiD](ノイド) レーベル所属。
・2016年から4年連続4回目の出演。
・mick(Gt&Key&Vo)は小学生の頃、
 1回だけ読モしたことがあった(by スペシャ)

※関連記事
【いち押しアーティスト紹介】Amelie(アメリ)

 グッドモーニングアメリカ 

通称:グドモ

2012年:高松DIME
2013年:高松オリーブホール
2014年:高松オリーブホール

(豆)
・もはやお馴染みすぎるが
 たなしん(Ba&Cho)の1、2、3、ファイヤーはライブの助走。
・四星球のモリス(Dr&Cho)は↑のファイヤーに対抗して
 ポ、ポ、ポ、ポセイドンというギャグを生み出した(火←→水の反属性)
 ハルカミライ 

読み:-

2018年:高松festhalle

(豆)
yonigeが一方的に好きなバンドらしい(Vo.橋本学談)
石崎ひゅーいと同じ舞台に立つのが夢だったそうだ(←yonigeのツアーで実現)
 バックドロップシンデレラ 

通称:バクシン

2018年:高松オリーブホール

(豆)
「フェスだして」という曲を作り数々のフェスにお呼ばれされ
今年はサヌキロックをステップにモンバスの出演ももぎ取り
激盛り上がり結果を残したので来年もウンザウンザ!
 a flood of circle 

読み:ア フラッド オブ サークル
通称:AFOC

2011年:ジャンヌガーデン特設ステージ
2013年:高松オリーブホール(トリ)
2016年:高松festhalle
2017年:高松MONSTER(トリ)

(豆)
 Age Factory 

読み:エイジファクトリー

2015年:高松MONSTER
2017年:高松DIME

(豆)
 AIRFLIP 

読み:エアーフリップ
通称:エアフリ

2018年:高松MOSNTER

(豆)
 番匠谷紗衣 

読み:ばんじょうやさえ

初出演!

(豆)
 climbgrow 

読み:クライムグロー

初出演!

(豆)
 CRAZY VODKA TONIC 

読み:クレイジー ウォッカ トニック

初出演!

(豆?!)
CVTって略してるのを見かけて
一応知らないで使ってる可能性がるので記載。
(お父さんに聞いてみてね)

【クルマのミッションの種類】
 AT…オートマ(Automatic transmission)
 MT…マニュアル(Manual Transmission)
 CVT…無段変速機(Continuously Variable Transmission)
 DCT…デュアルクラッチ(Dual Clutch Transmission)
 etc
 DJライブキッズあるある中の人 

読み:ディージェーライブキッズあるあるなかのひと

2017年:天地下ブリスク
2018年:MONSTER baSH BOOTH

(豆)
 堂島孝平 

読み:どうじまこうへい

2012年:高松SUMUScafe

(豆)
 FIVE NEW OLD 

読み:ファイブ ニュー オールド

2018年:高松DIME

(豆)
 FOMARE 

読み:フォマレ

初出演!

(豆)
 フルカワユタカ 

読み:-

2018年:高松SUMUScafe

(豆)
 ハンブレッダーズ 

読み:-
通称:ハンブレ

2018年:天地下ブリスク

(豆)
 Kaco 

読み:カコ

初出演!

(豆)
 感覚ピエロ 

読み:かんかくピエロ
通称:感エロ

2016年:高松MONSTER
2017年:高松festhalle

(豆)
 キイチビール&ザ・ホーリーティッツ 

読み:キイチビールアンドザ・ホーリーティッツ
通称:キイホリ

初出演!

(豆)
 KNOCK OUT MONKEY 

読み:ノック アウト モンキー
通称:ノクモン、KOM

2013年:高松MOSNTER(トリ)
2015年:高松オリーブホール
2017年:高松festhalle

(豆)
 kobore 

読み:コボレ

初出演!

(豆)
 KOTORI 

読み:コトリ

初出演!

(豆)
 Lenny code fiction 

読み:レニー コード フィクション

初出演!

(豆)
 LUCCI 

読み:ルッチ

初出演!

(豆)
 マカロニえんぴつ 

読み:-
通称:マカえん

2016年:高松DIME
2018年:高松MOSNTER

(豆)
 マイアミパーティ 

読み:-

初出演!

(豆)
 MISTY 

読み:ミスティ

2017年:天地下ブリスク
2018年:高松DIME

(豆)
 ネクライトーキー 

読み:-

初出演!

(豆)
 NoisyCell 

読み:ノイジーセル

2015年:高松DIME

(豆)
 おいしくるメロンパン 

読み:-

2017年:高松DIME
2018年:高松オリーブホール

(豆)
 大橋ちっぽけ 

読み:おおはしちっぽけ

2018年:高松SUMUScafe

(豆)
 osage 

読み:オサゲ

初出演!

(豆)
 PAN 

読み:パン

2013年:天地下ブリスク
2015年:高松MOSNTER
2016年:高松SUMUScafe(アコースティック)
2016年:高松オリーブホール
2018年:三びきの子ぶた(アコースティック)
2018年:天地下ブリスク(トリ)

(豆)
 PELICAN FANCLUB 

読み:ペリカンファンクラブ

2017年:高松MOSNTER

(豆)
 ravenknee 

読み:レーベンニー

初出演!

(豆)
 リアクション ザ ブッタ 

読み:-

2017年:高松MOSNTER(トリ)
2018年:高松MOSNTER

(豆)
 reGretGirl 

読み:リグレットガール

2018年:天地下ブリスク

(豆)
 崎山蒼志 

読み:さきやまそうし

初出演!

(豆)
 SCOOBIE DO 

読み:スクービードゥー

2011年:高松DIME
2012年:高松MONSTER
2013年:高松DIME
2014年:高松オリーブホール

(豆)
 セックスマシーン!! 

通称:セクマシ

2017年:天地下ブリスク(トリ)
2018年:高松SUMUScafe
2018年:一福(うどん屋)

(豆)
 そこに鳴る 

読み:そこになる

初出演!

(豆)
 Special Favorite Music 

読み:スペシャル フェイバリット ミュージック

初出演!

(豆)
 スピラ・スピカ 

読み:-

初出演!

(豆)
 sympathy 

読み:シンパシー

2016年:高松MONSTER
2017年:高松DIME
2018年:高松SUMUScafe(柴田ゆう)
2018年:高松オリーブホール(トリ)
(豆)
 竹内アンナ 

読み:たけうちアンナ

初出演!

(豆)
 The 3 minutes 

読み:スリー ミニッツ
通称:3分

2017年:天地下ブリスク
2018年:高松MOSNTER

(豆)
 THE FOREVER YOUNG 

読み:ザ フォーエバー ヤング
通称:エバヤン

初出演!

(豆)
 THE TOMBOYS 

読み:トムボーイズ

初出演!

(豆)
 Track's 

読み:トラックス

初出演!

(豆)
 トライシグナル 

読み:-

初出演!

(豆)
・ex.ひめキュンフルーツ缶のメンバー3人。

 超能力戦士ドリアン 

読み:ちょうのうりょくせんしドリアン

初出演!

(豆)
 ウラニーノ 

読み:-

2010年:高松SUMUScafe
2011年:高松NomuRock HALL(現:高松MONSTER)
2011年:高松SUMUScafe(山岸賢介)
2014年:天地下ブリスク

(豆)
 ビレッジマンズストア 

通称:マンズ

初出演!

(豆)
 ズーカラデル 

読み:-

初出演!

(豆)