サヌキロック_face8のコピー


10周年のサヌキロックが終わり早4ヵ月が過ぎ
20周年のモンバスが間近に迫った8月上旬。

日々YouTubeで発信されるMusic Videoたち。
再生回数が多いから必ずしも良いとは限らず
再生回数が少ない中にも琴線に触れる曲が埋もれている。

恐らくこの4ヵ月の間に1,000曲以上は聴いた。
その中でサヌキロックに未出演という縛りを設けて
来年のサヌキロックに来て欲しいアーティストを
独断と偏見で10組選んでみた。
(実際は17組の候補があり、そこから更に10組に絞り込んだ)

次点の7組はこちら。
渡會将士モーニン
プピリットパロすかんぴん
disposable girlシゼントウタ
Mega Shinnosuke桃源郷とタクシー
FILTERDay After Day
アラウンドザ天竺邦 Limited Sazabys
Andend boomサイダー

この記事書いた後にもまだまだ探してます(随時追加、10選を超える楽曲あり☆)
AOI MOMENTシロとクロの杞憂↓アンケートに追記
見田村千晴独白」←共感はできないが
HEADLAMPICHIGO
sheeptwarp深海魚」←tricotの影響をモロに受け過ぎてるきらいはあるが
アシュラシンドロームOver the Sun
カネヨリマサルはしる、夜↓アンケートに追記
SlimcatKiller Boots↓アンケートに追記
mimosaアップルパイ」←四国枠(愛媛)
スマトラブラックタイガー空ばかり」←ワードセンスは悪いがリズムと声がいい
春がふる潔く
PARKLIFEEYES」←ありきたりな声、ありきたりなメロディー、だが
・and more…

※私はあのバンドに来て欲しい!という方はこちら↓
【アンケート】サヌキロック2020に来て欲しいアーティストは?



 01  goomiey(グーミー)



まずは茨城県水戸市発の3ピースバンドgoomiey(グーミー)
今年3月に高校を卒業し本格的に音楽活動を開始。

そして「アイロニー」は間違いなく彼女たちの代表曲になる。

RO JACK 2019ではファイナルまで進むも優勝を逃し
10代限定の未確認フェス2019では2次審査を突破したものの
残念ながら3次のライブ審査で落選してしまったけど
賞レースは審査員との相性もあるので
この悔しさをバネにシビレる楽曲を生み出して欲しい。

※詳細はこちらにまとめてます↓
化けるかも知れない現役女子高生バンド「goomiey」


 02  odd five(オッド ファイブ)



大阪・民族系仏バンドodd five(オッド ファイブ)

冬虫夏草を探しにゆこう」は何も考えずに体が動く系。

SiM主催の野外フェスDEAD POP FESTIVAL 2015では
CHAOS STAGEのO.A(オープニングアクト)を任された。


 03  ラパンテット



月光に跳ねる四人の音うさぎ夜系四つ打ちロックバンドラパンテット

ドラマチック」は90年代の雰囲気を醸し出しつつ
演奏はバリバリ今どきというギャップにやられる。

もっと他の音源聴きたいけどタワレコでCD売ってない。

■追記

手始めに2nd mini Album「Movement」をゲット!
MVになってる「ドラマチック」「0.03秒の盲信」もさることながら
海月(くらげ)」がいい!(ライブで聴きたい!)


 04  Laura day romance(ローラ デイ ロマンス)



早稲田大学出身の5人組ロックバンドLaura day romance(ローラ デイ ロマンス)

他の曲はいまいちだったが「sad number」は別各で
ボーカル井上花月の声質を最大限に生かしフラットな疾走感が良き。


 05  NOMAD POP(ノマド ポップ)



遊牧民ポップミュージックNOMAD POP(ノマド ポップ)

サカナクションの雰囲気やフジファブリック志村が一瞬頭をよぎったけど
そんなのすぐ消えて素直に心地いい「move


 06  CAT ATE HOTDOGS(キャット エイト ホットドッグス)



関西を中心に活動中の4ピースロックバンド
CAT ATE HOTDOGS(キャット エイト ホットドッグス)

イントロにやられた「Drops


 07  TETORA(テトラ)



大阪ロックバンドTETORA(テトラ)

数年前から大阪のガールズロックバンドの勢いは凄まじく
yonigeに始まりDIALUCKは解散してしまったけど
Hump Backが筆頭に躍り出たところにTETORAの台頭である。

2019/09/06(金)にはツアーで高松DIMEにも来てくれるので
来年のサヌキロック出演の可能性も高まる!


 08  sachi.(サチ)



練馬区生まれSSW(シンガーソングライター)sachi.(サチ)

ドスの利いた「痛み」バンド編成で来て欲しい。


 09  COSMOS(コスモス)



楽器が弾けないので鼻歌で名曲を量産していたVo.マエダカズシのもとに
極度のお人好し達が集まり結成したCOSMOS(コスモス)

曲は至って普通なんだけど何故か声と歌い方が妙に引っ掛かる。


 10  Orbit(オービット)



京都で活動中のロックバンドOrbit(オービット)

未熟さの中にも可能性を感じさせる「Fall
そして10組の中で一番中毒性が高いのはこの曲かも知れない、フッフ―(Fall、Fall)

近々8/14にぺんちゃん(Dr&Cho)が脱退することが発表された。


↓応援クリックお願いします!