名称未設定 1

01_周辺地図のコピーb

■サヌキロック会場一覧
会場読みキャパ(推定)
1高松festhalleフェストハレ850
2高松オリーブホール350→500
3高松DIMEダイム300
4高松MONSTERモンスター500
5高松SUMUScafeスムスカフェ80
6天地下ブリスク(※無料会場)てんちかブリスク200
7786FM香川ステージ(※無料会場)エフエムかがわステージ-
8高松TOONICE(※投げ銭ライブ)トゥーナイス120
9三びきの子ぶた(※無料会場)さんびきのこぶた-
10MONSTER baSH BOOTHモンスター バッシュ ブース-
and more…

サヌキロックで使われるライブ会場は全6ヵ所(1~6)

全ての会場が徒歩8分以内(最短は1分)で移動できるため
歩き疲れることなくライブを楽しめる!

私も最初戸惑うことがあったので
初めて参戦される方や
久方ぶりに帰ってくる方の参考になれば。


<メモ>
 メーン会場は6ヵ所だが
 786FM香川ステージでは出演アーティストのクロストークがあり
 近年は高松TOONICEで投げ銭システムのライブが行われたり
 「街中ライブ」と称し三びきの子ぶた(カフェ)など複数店舗で
 イベントが行われている。


■追記:2020/02/22
各ライブハウス間の移動時間が知りたいと
質問があったのでまとめました↓

【サヌコロ質問箱】
ライブハウスごとの移動時間を知りたいです



■天地下ブリスク(※無料会場)

天地下ブリスクのコピーa
(※記憶を辿って書いているのでアバウトな図面です)
(※①~④の番号は後に出てくる入口と連動しています)

天地下ブリスクはサヌキロック唯一の無料会場
チケットを持ってなくても参戦可能。

またパス交換をするため
最初に必ず訪れることになる場所でもある。


<メモ>
 現在の正式名称は「瓦町駅地下広場(かわらまちえき ちかひろば)」
 「天地下ブリスク」は旧名称で
 昔、瓦町駅のビルに天満屋が入っていて(現在の瓦町FLAG)
 満屋地下ブリーザーズスクエアの略。




↑は去年の大トリ四星球(すーしんちゅう)のライブ中の動画で
天地下ブリスクを抜け出して商店街をパレードする様子、笑
①三びきの子ぶたの出口が少しだけ映ってる(多少は参考になるかも)

mapのコピーa
※14時以降は商店街のインフォメーションでパス交換になるので注意!

天地下1

パス交換所では
チケットの半券と引き換えにリストバンドを巻かれ
タイムテーブルの冊子とフライヤーを貰えるので
出し入れ自由のクローク(1,000円)を使うなら問題ないが
駅のロッカーを使う場合はパス交換後に。


↑リストバンドのキレイな外し方

リストバンドは利き手と逆の手に巻いてもらうと外すときに楽(+キレイに外せる)
(※ラババンを利き手に巻いておけばOK)

瓦町駅_反転のコピーa

場所はことでん瓦町駅の地下にあり
主な入口は↑地図の4カ所(①~④の番号は↑の天地下ブリスクの図面と連動)
(※④はちょっとややこしいので①③がおすすめ)
(※瓦町駅から階段を降りて直接来ることも可能)

①三びきの子ぶた側
CIMG4292のコピー

01a

三びきの子ぶたの目の前の
地下広場入口を降りる
突き当りを右に曲がってしばらく歩いて
突き当りを右折すればパス交換所。

②横断歩道を渡った側
01

02a

三びきの子ぶたの横断歩道を渡り
エスカレーター横の階段を降りる
突き当りを左に曲がればパス交換所。

③高松festhalle側
02

03a

高松fethalleから瓦町駅方向へ少し歩き
階段を降り真っ直ぐ進めばパス交換所。

④高松MONSTER側
03

04a
※画像の矢印では直線になっていますがその前にらせん状の道があります。

ローソンの対面の横断歩道を渡り
階段を降りる
ここからは少し説明が難しいが
突き当りを左に折り返し、直進
突き当りを折り返し、直進
最初のT字路を右に進めばパス交換所。

目次に戻る。


■高松festhalle(フェストハレ)



2016年にオープンした高松festhalle(フェストハレ)
キャパ(推定)850とサヌキロック最大の箱。

場所は瓦町駅を出て左手に徒歩1分。

01

フロア図。
真ん中に邪魔な柱2本があるが
上部にモニターが付いてるためステージの様子は見れる。
(※また柱の真ん前は後ろから押されないので意外とおすすめ)

↓実際のライブの様子(動画)


目次に戻る。


■高松オリーブホール

08_olive

2016年に高松festhalleが追加されるまで
メーン会場だった高松オリーブホール。

高松オリーブホールa

フロア図。
階段を3階まで上り防音扉を抜ければフロア。

目次に戻る。


■高松DIME(ダイム)

04_dime

元映画館を改修して出来た箱で
天井が高く開放感が半端ない!

管理人が一番通っていて一番好きな箱です(←どうでもいい情報)

01

フロア図。
フロア入口付近に段差があるので足元に注意!(ライブ中は暗くて見えづらい)
後方の段差の先頭は見晴らし良好なのでおすすめ。
暴れたい場合は有無を言わずフロア中央へ!

目次に戻る。


■高松MONSTER(モンスター)

CIMG2846のコピー

高松festhalleが追加されるまで
最大キャパを誇っていた箱。

13

1階入口右手にエレベーターがあるが関係者専用なので
真っ直ぐ進み階段を降りて地下へ。

高松MONSTERのコピー3

フロア図。
ライブ中は暗幕が張られているので
ドリンクキッチン手前を通りPAブースの横から入ることになる。

目次に戻る。


■高松SUMUScafe(スムスカフェ)

03_sumus_cafe

アコースティックが似合う箱。

CIMG4268のコピー

入口は正面からではなく
横の通路にあるので注意!

高松SUMUS cafeのコピーa

フロア図。

15

またサヌキロックで唯一、最前と左右に椅子がある。
(※アーティストによっては最前の椅子を取っ払う場合あり)

目次に戻る。


■786FM香川ステージ(エフエムかがわステージ)

名称未設定 1

無料のトーク会場。
(交番の真ん前に設営されていて、ある意味一番安全な会場、笑)

サヌキロックに出演するアーティストの超貴重なクロストークや
ラジオ(FM香川)の公開生放送が行われる。

■過去の貴重な組み合わせのクロストーク(一部抜粋)
2011年北島康雄(四星球)×斎藤宏介(ユニゾン)×秋野温(鶴)
2014年黒木渚×佐藤千明(ex.赤い公園)×中嶋イッキュウ(tricot、ジェニーハイ)
2015年三原健司(フレデ)×山中拓也(オーラル)×森良太(ブライアン)
コムアイ(水カン)×中嶋イッキュウ(tricot、ジェニーハイ)×植田真梨恵
2017年蒼山幸子(ex.ねごと)×雫(ポルカ)×日食なつこ
2019年セントチヒロ・チッチ(BiSH)×ハシヤスメアツコ(BiSH)×LONGMAN

目次に戻る。


■高松TOONICE(トゥーナイス)

名称未設定 1a

3年前(2017年)からサヌキロックと並行して
投げ銭システムのライブが行われるようになった会場。

来年も開催されるかは未定。

入場条件は年によって変わるが
基本、入場は無料でドリンク代のみ必要。
後は自分の裁量で投げ銭するシステム。

■高松TOONICEライブイベント一覧
2017年Day1四星球15周年ステージ(※四星球にゆかりのあるアーティストのライブ)
Day2
2018年Day2サヌキメロディック
2019年Day1SANUKI NEXT FEVER
Day2サヌシオロック

■追記:2020/02/23

【サヌキロック2020】今年のサヌネクは2days!

サヌネクが2dayで開催されることになったので
詳細を追記します。

02a

入口の階段付近に
常連気取りの人がたむろしている場合があり
女性の方は入り難いかも知れませんが
スーパーの通路でだべるおばさんと同じなので
(周りの迷惑に気付いてない)
遠回りに避けて入ってください。

ドリンク代のみで入れますが
(値上げされていなければ500円)
一度出たら再度入るたびにドリンク代が必要です。

目次に戻る。


■三びきの子ぶた(さんびきのこぶた)

名称未設定 1

街中ライブ会場の一つ(無料)

3年前(2017年)から地元のお店とコラボして
「街中ライブ」と称して様々なイベントが催されている。

他にもうどん屋、メガネ屋、学習塾、アパレルショップと多種多様で
ゲリラライブが行われることも!

↓は去年、三びきの子ぶたで行われた
たなしん(グドモ)の弾き語りの模様。
(グドモは活動休止するけど約束通り来年も来てくれるよね?)



目次に戻る。


■MONSTER baSH BOOTH(モンスター バッシュ ブース)

CCF_000090b

中四国最大級の夏フェスMONSTER baSH(通称:モンバス)の
過去ライブ映像を見れるブース(場所は年によってまちまち)

確か入場にはリストバンドの提示が必要だったはず。

またモンバスに出演して欲しいアーティストの
アンケも実施しているので(↑画像)
モンバスに行く予定のある方は忘れずに立ち寄ろう!


<豆>
 サヌキロックはroad to MONSTER baSHの側面も持っていて
 毎年、数十組がモンバスへステップアップしている。


目次に戻る。

参戦方法はこちら↓